星と君への旅路

空が泣く日も 景色が白い日も どこかで同じ星を見ている 昨日、今日、明日へと続く日々があり だからこそ この現在を信じていける あの星座が同じ場所へと戻る頃 この旅もきっと終わりを告げるから 君のもとへ戻れたなら 肩並べて空を見上げよう その時は見えるだろう あの日見えなかった 真昼の瞬き 街並みそびえ立つ 象徴の隙間に 自由の空 高く 広がる 誰かの正義に 目も向けずに 憧れの星の下 焦がれていたよ 離れても 離れても 胸張って 歩いてられたのは 離れても 時を超え 想いが届いていたから Solo : Ryu 離れても 離れても 胸張って 歩いていられた 離れたら 近づけた 星が紡いだ 君との未来

0コメント

  • 1000 / 1000